主婦やフリーターでもキャッシングは利用できるの?

お金が必要になる場合、どんなタイミングかもわかりませんし、
職種や年齢は様々ですが、
主婦やフリーターでもお金を借りる事が出来るのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融のホームページをそれぞれ確認してみると、
申し込み条件には、18歳以上でありかつ安定した収入が見込める方と、
だいたいこのようなニュアンスで記されています。
安定した収入=正社員という認識ではないので、毎月決まった日に収入が入ってくる方であれば問題ないのです。
収入の多い・少ないは、審査の申し込み自体には関係なく、
年収が影響するのは借入金額であるため、
給料が少ない=審査が通らないというわけではないのです。

ただし、主婦の場合は、通常の方とは少し異なる部分があります。
まず、専業主婦であるのか、もしくはパートなどに出ている主婦であるのかによっても違ってきますので
それぞれ見ていきます。

その1.専業主婦の場合
ご自身に収入がないので、基本的にはご主人に内緒でキャッシングをすることはできません。
配偶者の同意を得て、ご主人の収入を目安に審査を受けることは出来ますが、
この場合ですと、ご主人の同意が必要になるので隠し通すことはできません。
ただし、銀行系のカードローンであれば、総量規制の対象外となるため、
収入がなくても借り入れることは原則的には可能です。
しかし、一般的には審査が通るのは非常に厳しいと言われており、審査が通ったとしても少額となる傾向が高いです。

その2.パートなどでご自身で収入がある主婦の場合
一般的な会社員と同じ扱いになります。
パートであっても、安定した収入を自分で得ているとみなされ、審査をしてもらうことが出来ます。
自分に収入がある場合、結婚していてもご主人の同意書等の提出は求められませんので、
ご自宅に郵便物が届かないような設定さえすれば、うまくやりくりすることも可能です。

上記のように、主婦の借入と一言で言っても、全然異なりますので注意が必要です。
フリーターや収入がある主婦の方でも、基本的には審査~借入までの流れは同じです。

1.審査の申し込み
 個人情報の申請(勤務先情報や年収など)と借入したい金額等の申請
 本人確認書類(運転免許証等)の提示が必要となります
2.本人確認および在籍確認
 パートやフリーターであっても、勤務先への在籍確認はあります
3.審査結果の通知
 メールや電話などで、審査の結果と借入可能であれば、その金額が伝えられます
4.借入
 提携ATMやご自身の銀行口座へ直接振り込まれます

収入が少なくても、お金を借りることは出来ます。
きちんとした返済計画をたて、上手にキャッシングと付き合いましょう。