お金がいる!
金必要至急お金借りたいのです!

普段は給料が入るから、そんなにお金がそんなに必要じゃないんですが

今は支払いが多すぎる時期なのです

結婚式参加や親せきの葬儀にも香典必要だし

祝儀と香典だけで10万円借金したいのです

冠婚葬祭が重なるって本当に出費多すぎ!

金必要至急何とかお金ほしい!

キャッシング申込比較のランキングサイト

お金借りたい人がお金借りるキャッシング申込比較のランキングサイトです!

早くお金を借りたい人が、今日中にお金を借りれる可能性の高い人気おすすめランキング!

お金借りる方やお金借りたい人がお金を借りる方法

同じお金を借りるなら即日にお金 借りる希望ですが

銀行でお金を借りるためにお昼に銀行に行く時間がありません

悩みは銀行からお金を借りる方法が知りたいのではなく

早くお金を借りれる有名な消費者金融でお金を借りる方法があれば教えて欲しいです!

出来れば借入申込日のお金借りる即日融資がありがたいです

アラサー女性のショッピング意欲はボーナスまで待ちきれないのが悩みです

お金 借りる 理由はお買い物代金・つまりバーゲン中に激安ブランドを買いたいことなんですね!

お金を借りるならどこがいい?

大手キャッシングを比較

会社からお金借りるより消費者金融から内緒で今すぐお金を借りたいです♪

どうしても急にお金が必要になり、キャッシングを決意すると今度は、どの会社から借入をするのか、初めての方であれば特に悩むことになると思います。

現在、法律では実質年利がMAXでも18%と定められているので、どこの会社もこの数字は守らなくてはならず、

そうなってくると金利以外の部分で差別化を図ろうと、様々なサービスを提供しています。

今回は、その中でも大手のアコム・プロミス・SMBCモビット・レイク・の特徴をピックアップしていきます。

・プロミス

なんといっても、プロミスの金利設定は、他社に比べて低い設定となっています。

借入金額により金利は変動しますが、MAXであっても、他社の18.0%に比べると低いですから、嬉しいですね。

また、CMなどでも大々的に宣伝していますが、女性向けの融資にも非常に力を入れており、

女性専用のダイヤル窓口もあるので

男性が苦手であったり、抵抗を感じる方には特にオススメです。

また、各種サービスを行っており、対象サービスを利用するとポイントが加算され、

貯まったポイントは、ATM手数料や無利息期間へと交換することができる画期的なサービスを行っているのも特徴です。

・アコム

アコムでは、返済日を選べるサービスがあります。

毎月決まった日に返済する毎月指定期日、35日ごとの返済期日となる35日ごとや、口座振替を設定した場合には毎月6日が引き落とし日となります。

35日ごとの返済ですと、1年で10回程度の返済となるので、支払回数を調節することもできるので非常に便利なサービスとなっています


また、楽天銀行の口座を持っていれば、土日祝日などの申し込みでも(メンテナンス等の時間を除く)受付完了から約1分で振込を行ってくれるので、

緊急のときには非常に便利です。

・SMBCモビット

・レイク

レイクでは、提携のATM手数料が借入・返済ともに無料となっています。

これは、実は非常に重要です。少額の返済額でと思っても、ほとんどの会社がAMT手数料が別途かかるので、

返済した金額の中から、利息とATM手数料が引かれた額が元本に充てられるので、手数料無料はかなり助かります。

また、初めての方には2パターンから選べる無利息キャンペーンが人気で、

最初の30日間が無利息になるもしくは、5万円以下の少額キャッシングであればなんと180日間も無利息になるのです。

180日間と言えば、約3カ月間ですのでその間にやりくりすることは十分にできそうですよね。

いかがでしょう。金利の部分を除いたとしても、各社それぞれ便利なサービスを打ち出しています。自分の状況にあった会社を選ぶことが賢いキャッシングの第一歩です。検討してみましょう。

キャッシング利用者のかんたんデータ

急にお金が必要になったとき、キャッシングやカードローンにお世話になる人は、ここ数年で飛躍的に伸びています。

お金を借りるということは、何も悪いことではありませんが、やはりマイナスイメージが大きく、

なかなか人に聞けなかったり、相談出来ない人が非常に多いのも特徴と言えます。

今回は、キャッシングの利用者はどのような人が多いのか、性別や初回借入金額の平均などのデータを紹介していきたいと思います。

・利用者数

まずは、キャッシングの利用人口です。

日本の20歳以上の人口が1億人ちょっとに対し、1500万人弱。

つまり、10人に1人以上の割合でキャッシングをしている人がいるということです。

この数字には、住宅ローンや自動車ローンなどは含まれていませんので、純粋に消費者金融などから借入をしている人数となります。

・男女比

これはイメージでわかる方も多いと思いますが、やはり男性の方が多い傾向にあります。

仕事を持ち、外で働いているのでどうしてもお金が必要になる人が多いのでしょう。

ただ、ここ数年で主婦への貸付を行う業者も増えてきているので、数年後には男女比も同じくらいになるだろうと予想されています。

・利用者の年齢

一番多いのは20代です。これもイメージで予想出来ますね。

30代や40代になると、結婚し家族が出来るなど、自分の都合でお金をやりくりできなくなるので、減少する傾向にあるようです。

独身であり、働いているうちにキャッシングを利用し、結婚前までに返済するというようなパターンが1番多いようです。

・新規契約時の借入平均額

これからキャッシングを利用しようとしている人が一番気になる部分ですね。

どれだけ年収があって返済能力が高くても、業者にとっては信用のない新人なわけですから、

ほとんどの人が10~30万円の間で契約することが多いです。

返済をきっちりしていれば、上限額が自動で上がったり、担当者から上限アップの提案連絡が来たりします。

借入額が少なかったからといって、落ち込まないで下さいね。

平均額が10~30万だということを頭に入れておきましょう。

・借入の理由

実際の借入にはそこまで、関係ありませんが、他の人がどのような理由でお金を借りているのか気になる人も多いようです。

ギャンブル絡みでの借入が多いと思われるかも知れませんが、ギャンブルでの借入は全体の10%未満と言われています。

ただし、調査などでギャンブルと答えるのが嫌で他の回答をしている人も多いと思われるので、実際にはもう少し多いはずです。

一番多いのは生活費として借りる方だそうなので、理由はあまり気にしなくても問題ありません。

周りの人にはあまり聞けないことばかり集めて見ました。

しっかり返済すれば、何も問題はありませんので、必要になった時にはキャッシングのお世話になるもの一つの手段ですよ。