あなたの信用情報は大丈夫?
よく見聞きする「信用情報」とはなんなのか。
特に、これからキャッシングの利用を考えている人は、申し込みの前にきちんと確認しておくことが必要です。
今回は信用情報の内容や必要性、どんな時に使われるのかなど詳しく見ていきたいと思います。

その1.信用情報とはなんなのか?
そもそも、信用情報とは個人の勤務先や収入の状況、ローンなどの支払状況などの情報のことを指します。
日本には、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターなる機関が3つ存在します。
ここの機関では、クレジットカードやローンの支払に遅延や延滞がないかどうか、きっちり登録されており、
最大で5年間、支払状況が保管されます。

その2.信用情報機関はどんな時に利用されているのか?
クレジットカードやローンのほかにも、意外と知られていないのが携帯電話の分割払いです。
この携帯電話の分割払いも、各携帯会社から請求が来てるかと思いますが、実はこれも立派なローン。
こうした分割払いを申し込む段階で、各会社が信用情報機関に個人の信用を照会します。
お互いに不利益となる契約を結ばないようにということで、この作業は義務づけられています。

その3.それぞれの機関は何が違うのか?
CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターは、そもそも何が違うのかと言うと、
CICはクレジットカードや信販系の情報を有するのに対し、全国銀行個人情報センターは名前の通り銀行関連の情報を、
JICCは消費者金融での情報を保有しています。また、この3つの機関内で情報を交換しあっていますので、
例えばクレジットカードでの支払い滞納がある場合には、消費者金融への申し込みの時点でJICCも同じ情報を照会するので
この3つ全てキレイな状態にあることが必要となります。

その3.自分の信用情報を確認するには

ここまで来ると、自分の信用状況を確かめたくなったのではないでしょうか。
3つの機関、それぞれ開示方法は異なりますが、自分で信用情報を確認することができます。
それぞれの開示方法は以下の通りです。
CIC→インターネットに対応しているので、即時に確認することができます。郵送や窓口での開示も行っています。
JICC→郵送と窓口での開示
全国銀行個人情報センター→郵送での開示
どの機関の場合でも、開示するには手数料1000円がかかります。

これからキャッシングを考えていている人は、一度自分の信用情報を開示してみることをオススメします。
特にCICの場合は、自宅から即時に確認出来るので、どのように登録されているのか、
自分の情報はどうなっているのか調べてみましょう。